消費者金融での多重債務を終えるために

多重債務者が非常に多くなったことで法改正が進み、総量規制という法律ができました。この法律は年収の1/3までしか借り入れができないという法律です。これは、消費者金融が貸し付けすぎてしまうことを予防すること、また借り入れを行う人を保護ためにできた法律です。

借り入れができなくなった場合、多重債務者は自己破産、もしくは任意整理などの債務整理を行うことになります。任意整理によって利息などを無くしてもらい、元本だけを返済することで、債務をこの先返済していくことができるという場合はいいのですが、自己破産するという事になると、もし保証人などがいる債務があった場合、保証人に債務の支払いが行くことになります。
お金がなくて困る女性
お金がないというときにお世話になった方に、保証人として印を押してくれた方に債務を負わせることができないと悩む方も多いでしょう。
この場合、返済していくことができるという事を確認できれば、おまとめという手段があります。

多重債務に陥っている方は複数の消費者金融に債務があり、毎月多額の返済を行っています。
例えばA社に1万円、B社に2万円、という具合です。
こうなると複数の業者さんの債務を総合して10万円近くの債務を支払っているという方もいて、通常、普通の仕事を行っている方には返済が無理という事が誰にでもわかります。

そこで複数の債務を一つにまとめるおまとめキャッシングサービスを利用して、毎月の支配額を軽減し、生活していけるように持っていくという方法もあります
こうしたシステムを持っている消費者金融もあるのです。当サイトは、最後の砦、債務整理をしない方向で債務を終えるための最終手段として利用できるおまとめキャッシングサービスについて紹介します。